Fragments2020

 

2020.8.28[金] ー 9.21[祝]

のうち金・土・日・祝のみ開廊

参加アーティスト

        ・ 岡部俊彦
        ・ 小林美波

        ・ neutral production

        ・ 牧田恵実
        ・ 小西信英

展覧会概要

展覧会名: Fragments2020

開催日時: 2020年8月28日(金)- 9月21日(祝)

      10:00 - 17:00 (※金土日祝のみ開廊)

​主催:   ギャラリー無量

後援:   北日本新聞社、北日本放送、

      FMとなみ、となみ衛星通信テレビ

関連イベント

関連行事

   ・ 身体ドローイングパフォーマンス

             2020年9月13日(日)10:00~17:00

                       2020年9月21日(祝・月)10:00~16:00

     岡部俊彦

     テーマ「シンクロニシティー・ミッドサマー」

     ギャラリー無量の展示空間内

 

   ・ パフォーマンス 2020年9月21日(祝・月)16:30~17:00

     岡部俊彦×neutral production×DJアライグマ

     テーマ「シンクロニシティー・ミッドサマー」

   屋外でのパフォーマンスには感染予防をして参加してください

 

   ・ 座談会     2020年9月21日(祝・月)17:30~19:00

     コーディネーター=金沢21世紀美術館館長 島 敦彦

     テーマ「未定」

     無観客座談会

 

   ・ 記録集作成    2020年11月末 完成

 ギャラリー無量(注 2013年)が活動を始めた当初から、「Fragments展」を行ってきた。2年に一度開催し今年で5回目を迎える。

 Fragments は、「断片、かけら」という意味がある。部分的であることのエネルギーや、未完であることの鋭さ・主体の無さにインスピレーションを受け、互いに新しい試みを展開する展覧会である。

 

     Fragmentsは、断片にしかすぎない

     しかし、

     Fragmentsは、浮遊する

     Fragmentsは、感染する

     Fragmentsは、多くを語る

     Fragmentsは、楔である

     最後の風穴をあける楔である

 

 制作方法や展示場所の多様性、制作背景の深まりなどの展開を見せながら、「座談会」での討論を通じて、今後の方向性の確認をなしてきた。また、それぞれのアーティストのパフォーマンスにも新しい切り口を見せてきた。

 しかし、今年は新型コロナウイルスの感染予防によりアート環境が大きく変化している。濃厚三密(注 密閉、密集、密接)の展覧会を展開している当ギャラリーも、継続化の方向を探るとき、なんとかこの状況を切り抜けたいと願う。

 今回、このような状況にふさわしい小林美波(造形作家)を新しく迎え、古民家のギャラリー空間に新しい一面を展開してくれることを期待している。
(ギャラリー無量)
 

Copyright©2019, GALLERY MURYOW. All Rights Reserved.