2019.8.16[金] ー 9.8[日]​

のうち金・土・日・祝のみ開催

「袖擦りあうも多生の縁」というように、何かの出来事は遠い過去からの因縁があってのことであり、ひとつの事物があるということは、様々な因縁の結実である。人間の儚いあり方とそれは表裏をなして、ある種の美しさとして、ときに捉えられる。本展タイトルにあるArtifactは、「人工物」あるいは「工芸品」と訳される英語である。また過去の遺物としてほりだされたもののうち、人の手が加わっているものを示す考古学用語でもある。今回作家は、作品を様々な因縁の結果、そして制作はそれをほりだす行為と捉えている。本展に展示するのはそうした「Artifact」たちであり、日本の様々な石を彫刻した作品や、サウンドインスタレーションを展示する。

展覧会概要

展覧会名: 平田昌輝個展「Artifacts」

開催日時: 2019年8月16日(金)- 9月8日(日)

      10:00 - 17:00 (※金土日のみ開廊)

​主催:   ギャラリー無量

後援:   北日本新聞社,北日本放送,FMとなみ,となみ衛星通信テレビ株式会社

関連事業: 2019年8月16日(金)16:00- 17:00

                「作品解説」

      2019年9月1日(日)16:00- 17:00

     「石のこと、地球のこと」

​      大藤 茂(富山大学都市デザイン学部教授・地質学)

平田昌輝  Masaki Hirata

981年生まれ。2007年東京藝術大学大学院美術研究科修了後、富山県南砺市利賀村で作品制作を開始。2009年から身近な川や山の石での制作を開始。2013年から富山大学芸術文化学部講師。2015年から2017年まで富山大学・大藤茂教授(地質学)の協力のもとに全国各地の変成岩を中心に調査を行う。

《主な展覧会等》

2008年 第9回大分アジア彫刻展 朝倉文夫記念文化ホール/大分(2012,2018)

2010年 個展 庄川水資料館/富山

2013年 「FRAGMENTS2013」ギャラリー無量/富山(2014,2016,2018)

    「recollection」ギャラリー無量/富山

2015年 原始感覚美術祭2015 長野県大町市

2017年 個展「彫刻における石の回廊、未踏の」ギャラリーなつか/東京

2018年 個展 ギャラリーなつか/東京

2019年 南砺市いなみ国際木彫キャンプ2019/富山

過去作品

 

上・左)Microcosm 領家帯の泥質片岩18-1(2018年)

上・右)Microcosm 領家帯の泥質片岩17-1(2017年)

下)  錦石18-1(2018年)

Copyright©2019, GALLERY MURYOW. All Rights Reserved.